コリン堂工作ブログ

模型工作について延々と書いています。最近は木造電車や70系客車を主に作っています。 shop https://kowrinmaki.handcrafted.jp/

カテゴリ: 木造省電

乾燥させている間にほかの準備をします。まずはパンタ台座の制作。付属の2mmの帯材を12mmに切断。(パンタの機数*2)本準備します。そして、濃灰色で塗装。ついでに付属のトラス棒も墨汁で黒塗装しておきます。さらに、車体の梁も作ります。端材のボール紙を、(車体幅)*(2mm)に切断。墨汁で塗っておきます。

ここまでのものすべてが十分に乾燥したら組み立てます。
まずは車体からマスキングテープをはがします。マスキングテープは、墨汁相手だとなぜか吸着力がとても強くなるので慎重に。
はがし終えたら、屋根を水彩絵の具で灰色に塗装します。このときは大胆に塗ってもOK。車体は有機系、屋根は水彩系なのでリカバリーは容易です。
IMGP1502
ここまででこんな感じに。


次にパンタ台を接着します。まずは車体端に近いほうの一本を接着し、その後にパンタの足のスパンに合わせて現物合わせで2本目を接着します。そしてパンタグラフ装着。KATOのassyのPS11を使います。
ハーフガーランドベンチレーターも接着してこんな感じに
IMGP1498

次は、下画像を参考に、車体の下面にトラス棒と梁を接着。梁はステップのない下面と面一にすること。トラス棒も、接する断面に接着剤を乗せて押し付けるように。
IMGP1503

次に等級帯と標記類。赤帯はデカールで、白抜き数字はインレタを利用します。
IMGP1502
IMGP1500
こちらがビフォーアフター。標記類は形式番号だけですが、俄然車両が生き生きとしてきますね。
今回、特注インレタを使用したので、番号だけですが、ほかの標記のインレタも作りたいところです。

最後に、窓を貼り付けます。窓セルを適当に切って裏から貼るだけです。

これで車体の上半分は完成しました。次回、床下に行きます。

機械から取り出した状態です。ここに、デハ43200、サハ43350、デハユニ43850、サロ43100の4両分の部品が入っています。
IMGP1429
まずはデハとサハから組み立てます。


まず最下層と屋根になる部品を除いたもののだけ切り抜いて、残りは切り抜かないまま裏面にスプレーのりを噴霧します。次に部品のランナーを切って切り出した部品を積層します。写真は上二つがデハ、した二つがサハの部品です。
IMGP1430
イメージはこんな感じ
assembleBody_dh33500


これを側面、妻面、前面で行い、4枚の板にします。その後、GMの板キットのように側面と妻面、側面と顔面を直角にボンドで接着。L字型に接着した後にロの字型に組み上げます。
IMGP1437

次に、これをフェイサーで下地処理した後にぶどう色1号で塗装。
IMGP1444


車体を乾燥させている間に屋根を作ります。切り出された屋根のうち、ダブルルーフの上部を折り曲げて箱型にします。
IMGP0490

下部には車体のカーブに合わせて曲げ癖をつけます。
屋根下層と屋根上層の内側に墨汁を塗ります。これは遮光と補強を兼ねています。


次に屋根と車体を接着。まずはダブルルーフの下層を車体と接着。車体の断面に接着剤をのせて、下層部を接着。
IMGP1445

ある程度接着剤が乾いたら、箱型に組んだ上部を下層部のモールドに合わせるようにして接着します。そして、マスキングテープで仮止め。ここは接着剤の乾きとの勝負なので性格、かつ手早く。
IMGP1449

この状態でしばらく乾燥させておきます。

今回は、個別の形式ごとに解説します。
デハ43200
 基幹系列となる、京浜線用の三等電動制御車です。150(PS)の主電動機を持っていました。車体は上記の基本スタイルに忠実なものでした。大正11年に32両、12年に33両が製造されました。震災後は間もなく全車がデハ63100に改造編入され、長距離電車として活躍した時期は極めて短かったようです。
dh43200



デハユニ43850
 三等郵便荷物制御電動車です。デハ43200と同様の性能と接客設備をもって製造されるはずでしたが、落成が震災後に遅れたため、ロングシートの京浜線用電車として出場。クロスシートで長距離をかけることはありませんでした。前後で幅の異なる客用扉などの複雑な扉配置が落成の時期を物語っています。
dhyn43850



サハ43550
 本系列における三等付随車です。デハ43200に対応する付随車として大正11年に8両が製造されました。震災後は間もなく全車がサハ33550に、便所洗面所の撤去と扉増設、ロングシート化のうえで改造編入されたため、長距離電車として活躍した時期は極めて短かったようです。
sh43550



サロ43100
 本系列における二等付随車です。デハ43200に対応する付随車として大正11年に12両、大正12年に10両、大正14年に2両が製造されました。本形式は、二等車でのクロスシートが人気であったことから、三等車への改造はされず、原形を留めたまま二等車として活躍。サロ17として戦後まで活躍を続けたほか、本形式のみは震災後に増備がされました。

sr43100


当時は5両編成での運転が最大数であったため、おそらく本系列も5両編成での運用が予定されていたと思われます。二等車を中央に組み込んだ5両編成の電車が東海道を駆ける。そんな雄姿を見てみたかったものです。

編成

デハ23400系列は、ひとまず完成したものの天候に恵まず、完成ショットが撮れないでいるので次の制作に移ります。次はデハ43200系列。本邦初の長距離高速電車の誉れを受けるはずが、運命のいたづらにより薄命に終わった電車をつくります。現実では佳人薄命であった本系列ですが、模型では長距離電車として堂々とした姿を見たいものです。

今回は文字多め(というか文字だけ)

 デハ43200系列とは、鉄道省時代に在籍した直流用電車ののうち、デハ43200、デハユニ43850、サロ43100、サハ43550を総称したグループです。

 デハ43200系列は大正11(1922)年から大正14(1925)年にかけて製造されました。
当時は東海道線の電化が進んでおり、小田原迄の電化が視野に入っていた時期です。小田原迄の電化に当たり、その区間を走行する列車も新しく開発する必要に迫られた鉄道省ですが、当時は日本の技術が未熟だったために国産の電気機関車を導入することはできませんでした。したがって、デハ23400,33500系列で培われた国産電車の製造技術を活用し、その区間を電車で運行しようとなりました。そうして東京―小田原の長距離電車運転計画が誕生。当時の電車の運行距離は南海電鉄の約60kmが最長だった時代に、東京―小田原の100km長の区間を電車で運行しようという計画はとても画期的でした。
 そうして、長距離電車運転計画に基づいて鉄道省初の長距離電車として設計されたのがデハ43200系列です。まず、従来鉄道省の電車は全てロングシートを装備しており、それは二等車も例外ではありませんでした。しかし、本系列では初めてクロスシートを装備。客車と同様の居住環境が提供されるようになりました。さらに便所と洗面所も装備。本系列の車両は基本的に2扉大型車両であったことも相まって、長距離列車の威容は十分でした。さらに、ロングランと高速運転に向けて足回りも進化。前系列のデハ33500では100PS(=85kW)級の主電動機が用いられていたのに対し、本系列では150PS(=100kW)級の主電動機が要求され、国内外の会社が競作。これらが釣り掛け駆動の名モーターMT15につながります。MT15駆動の釣り掛け駆動車は一部私鉄に残存しているため、デハ43200の走行音は現在でも聞くことは不可能ではないのです。
 さて、画期的な車両と足回りを備えたデハ43200系列ですが、80系電車ほどの知名度はありません。80系電車と同様の使命を持ち、革新的な要素を持っていたのになぜ長距離電車の嚆矢として脚光を浴びなかったのか。端的に言うと、誕生間もなく発生した関東大震災が原因です。大正12年9月1日、関東一円を大地震が襲います。被害は多岐にわたるため多くは触れませんが、結果として、東京の多くの電車が焼失。さらに災害発生により旅客需要が急増。鉄道省は運輸計画の大幅な見直しを迫られることとなりました。そして長距離電車運転の計画は凍結。デハ43200系列の増備は停止し、震災の旅客需要の激変に対応する形で本系列の足回りを流用して製造が進んでいたデハ63100系列に改造編入されてゆきました。改造は主に扉の車体中央部への増設とクロスシートのロングシート化であり、長距離電車はかんぷなきまでに近距離大量輸送用電車にと改造されました。その結果、本系列は長距離電車として運用された期間は極めて短くなり、80系のような歴史的名車ではなく、幻の長距離電車の扱いを受けるようになったのです。この佳人薄命を地で行くような運命と、九州で同様に佳人薄命な運命をたどった豪華列車である"或る列車"をかさね、本系列は"或る電車"と呼ばれることも多いようです。

疲れたので、個別形式の解説は次回に

これまで、デハ6340系列を作るデハ33500を作るデハ6310系列を作るデハ23400系列を作るで作ってきた木造電車ですが、ライトが実はまだ取り付けられていません。既製品の利用も考えたのですが、入手難と価格の問題から自作せざるを得なく。そして開発も難航していたので今のお披露目となります。

というわけで大正時代の電車によく使われていたガイコツテールライトを作ってゆきます。
いつもの通り、レーザーカッターで設計&切り抜き。
墨汁に浸して紙を強化します。この工程を飛ばすと、厚紙が剥離するので丁寧に。
IMGP1115

IMGP1116
とても細かいですが、2枚をどうにかくっつけます。

IMGP1118
これに、直径0.75mmの光ファイバーを刺して、レンズにします。

IMGP1119
そして、レンズにクリアレッドを塗って完成。光ファイバーを使っているので点灯にも対応できます。

これを電車に取り付けて記念撮影。
IMGP1124
IMGP1125
うん、顔が締まりましたね。


ちなみにこちらが取り付け前のすっぴん顔です。
IMGP1122
IMGP1120


貨車にもつけてみました。ワムフ1です。これの記事はこれから書きます。IMGP1127
IMGP1128

とりあえず、テールランプの問題は解決。さて、ヘッドライトはどうしたものか、、、

↑このページのトップヘ