コリン堂工作ブログ

模型工作について延々と書いています。最近は木造電車や70系客車を主に作っています。 shop https://kowrinmaki.handcrafted.jp/

カテゴリ: 701系

 前回集めた資料を使い、設計していきます。

図面に乗ってる数字を1/150して、ひたすらトレース。その後に紙の強度が足りないであろう部分を太くするなどして補強。

その結果。

側面

f:id:kowrin:20181013114724p:plain

妻面

f:id:kowrin:20181013114736p:plain

f:id:kowrin:20181013114750p:plain

 

という図面が引けました。顔は1000番台から作図。テールライト位置を下ろして0番台、移して5000&5500番台もついでに作っちゃいました。

 

んで、これを積層仕様にしてレーザーカットをかけます。そして板キット状態の現物が手に入ったので組み立てに入れます。先日機器の予約を入れましたので、明日にはキットが手に入るでしょう。

 

 701系の自作を決めたわけですが、さてどうしましょうか

秋葉原をめぐって使えそうな部品をピックアップしていきます。

 

で、釣果がこちら。

・鉄コレ20m級動力

・KATOの209系500番台&E127系用の台車

・KATOの、E127系用のスカート

・KATOカプラーN密連タイプ

・KATOのAU75クーラー

・Tomixの209系用パンタ

・GreenMaxの211系用屋根

・GreenMaxの補修用床下機器

・0.3mm真鍮線

・Tamiyaのプラ丸棒

・ガンプラ用スプリング

 

そして資料探しに。所属サークルの部室で鉄道ファン1993年6月号を発見。新車特集が組まれていて、図面まで乗っていた。さらに、友人から701車両研究誌の"ななまるゐち!!"を借りることに成功。資料も揃った。

 

次に、キットをどうやって作るか。所属大学でレーザーマシンを借りれると知ったので、それを利用させていただくことに。ペーパーをレーザーカットして、それを積層していく感じかな。タブン

 

さて、設計します。

参考資料に関しては、最終記事で一括して載せる予定です。また、実際に使用した部品は適宜紹介します。

  東北本線、羽越本線、奥羽本線、磐越西線、仙山線、田沢湖線、津軽線。これらは701系の運用されている路線です。701,719系は東北地方の非常に広い範囲で運用されています。したがって、東北好きのモデラ―としては必要不可欠な車両です。wikiのリンクを貼っておきます。

JR東日本701系電車 - Wikipedia

 

 しかし、翻ってその製品化は驚くほどなされていません。KATOの地方電車シリーズで出るかと思ったが完全スルーされ、Tomixは気配すらなし。マイクロは旧製品をプレミア価格で買った身なのでスルー。鉄コレは1500番台のみ。

 

 私個人としては、701系と言えば、まず第一に秋田、仙台、盛岡、三セクといったカラーバリエーション。次に仙台地区での100、1000、1500番台の2連と4連で組成された併結長編成列車が醍醐味だと思うわけです。模型的には華奢な見た目でかっ飛ばす姿も大好きです。

 ですが、こいつらを満たそうとすると大手メーカーではかなえられないのが実情です、、、、自作しますか。

 

↑このページのトップヘ