動力について

デハ43200系列の場合、動力車となる車種の候補は、デハ43200でしょう。
動力については、入手性と信頼性から、鉄コレ動力を利用します。

候補となるのは、17m級動力です。

17m級動力の利点は何と言っても、DT10がデフォルトの台車レリーフとして付属していること。しかも、デハ43200は17m級であるため、両端を削る必要はありません。また、台車間距離も適正であるため、理想的な動力といえるでしょう。

というわけで、鉄コレ17m級動力TM-07Rを利用して動力を組み立てます。
使用するのは、DT10台車レリーフとMサイズスペーサーを利用して、まずは説明書通りに組みます。連結器は片方は、付属のカプラーポケットを使ったKATOカプラー、もう片方はオリジナル連結器スペーサーに直接接着して装備します。

最後に床下機器のレリーフを。トレーラー車で使ったものと同じものを、今度は黒の3mm幅紙テープに接着。これに両面テープを付けて動力ユニットの出っ張りを隠すように床下に接着。

そしてひとまず試運転。異常が無かったら、現物合わせで車体側に梁を取り付け、動力ユニットにかぶせます。