今回は、個別の形式ごとに解説します。
デハ43200
 基幹系列となる、京浜線用の三等電動制御車です。150(PS)の主電動機を持っていました。車体は上記の基本スタイルに忠実なものでした。大正11年に32両、12年に33両が製造されました。震災後は間もなく全車がデハ63100に改造編入され、長距離電車として活躍した時期は極めて短かったようです。
dh43200



デハユニ43850
 三等郵便荷物制御電動車です。デハ43200と同様の性能と接客設備をもって製造されるはずでしたが、落成が震災後に遅れたため、ロングシートの京浜線用電車として出場。クロスシートで長距離をかけることはありませんでした。前後で幅の異なる客用扉などの複雑な扉配置が落成の時期を物語っています。
dhyn43850



サハ43550
 本系列における三等付随車です。デハ43200に対応する付随車として大正11年に8両が製造されました。震災後は間もなく全車がサハ33550に、便所洗面所の撤去と扉増設、ロングシート化のうえで改造編入されたため、長距離電車として活躍した時期は極めて短かったようです。
sh43550



サロ43100
 本系列における二等付随車です。デハ43200に対応する付随車として大正11年に12両、大正12年に10両、大正14年に2両が製造されました。本形式は、二等車でのクロスシートが人気であったことから、三等車への改造はされず、原形を留めたまま二等車として活躍。サロ17として戦後まで活躍を続けたほか、本形式のみは震災後に増備がされました。

sr43100


当時は5両編成での運転が最大数であったため、おそらく本系列も5両編成での運用が予定されていたと思われます。二等車を中央に組み込んだ5両編成の電車が東海道を駆ける。そんな雄姿を見てみたかったものです。

編成