コリン堂工作ブログ

模型工作について延々と書いています。最近は木造電車や70系客車を主に作っています。 shop https://kowrinmaki.handcrafted.jp/

2019年10月

さる2019年10月27日、田端で第2回戦前運転会を開催いたしました。
普通の運転会では浮くこと間違いなしのぶどう色1号と等級帯を纏った戦前の列車。たまにはそれだけを集めて走らせてみましょう。

場所は田端駅すぐの"ほぼ国鉄時代のジオラマ"さま。

参加者はAyu様、IORI様、常駐特型高所高圧遊撃放水人員輸送警備車様、ピロシキ様、ペン太様。(アフターで、どりこの様、よこさん様)

運転会の様子を
IMGP1957
IMGP1958DSC_2409
今回の特徴は、客車列車が少なく電車が多かったこと。前回では明治~大正の客車列車がメインで、小型蒸機が2軸客車を引っ張って大騒ぎして走り回っていました。
ですが今回は時代が進み、大正~昭和初期の電車メインに。この頃には電化が進展し、東京圏では電車が旅客輸送の主役となっていましたがまさにそのような光景となりました。
"ほぼ省線時代のジオラマ"とはIORIさんの言。


IMGP1963
こちら、全車3等+荷物車の中央・山手線の庶民列車と、全室2等で1等車と食堂車連結の貴族特急列車との離合。かたや庶民の足、かたやお金を積むだけでは乗れない列車(Ayuさん)。おもしろいです。


IMGP1961
IMGP1965
こちら、運転会で話題になった727の看板。727の看板が似合わない列車ばかり走らせていましたw
下段の気動車は常駐特型高所高圧遊撃放水人員輸送警備車様の気動車。今回の運転会では一番華やかな色の車両だったと思われますw

さて、今回の事故
・走行中の解結(電車、私)
・同一船への同時侵入&脱線(別名:股尾前科)(同上)

今回は前回ほどてんやわんやすることもなく平和でした。やはり電車は安全()

アフターは日暮里のザクロという店で
DSC_2415
こんな雰囲気の、店主がウザ楽しい店。資料の開陳や模型談義をするはずがそんな暇もなく帰りの手段が危ない時間に。でもとても楽しかったです。


また開催します。次回は今回都合がつかなった方も来れるといいなぁ

次回までの個人的課題
・既存車の床下のアップグレードを完了
・既存車の走行安定性改善
・荷物電車を追加する(モユニ2、モニ3、モユニ12、モニ13etc)
・私鉄電車を作る


前回までで、ほぼ編成が完成したので、撮影会です。
まずはデハとデハユニ。
IMGP1924
IMGP1925
IMGP1926

何やら床下がかっこいいことになっていますが、これは完成後すぐに改造したためです。改造記事は後程、、、

付随車を従えて。
IMGP1928
IMGP1927

どこで走らせましょうかね

↑このページのトップヘ