今回は説明回になります。

次回から、デハ6310系列を作っていくので実車紹介をします。

デハ6310系列とは、鉄道院、及び鉄道省時代に在籍した直流用電車ののうち、デハ6310形、デハ6380形、クハ6430形、サハ6410形を総称したグループです。

 デハ6310系列は大正3(1914)年度から大正8(1919)年度にかけて製造されました。本系列は、顔面が平妻非貫通の3枚窓、側面は片側3扉ですべて引戸というスタイルでした。3扉デッキなし、全室ロングシート、つり革網棚ありという現在の通勤電車とほとんど相違のない基本スタイルでした。また、明り取りのためのモニター窓を装備したダブルルーフが全長にわたっています。本系列は当時電車運転されていた中央線、山手線で共通運用する車両として製造された、国有鉄道としては初めての標準型として量産された電車です。したがって、これより前に少量生産された電車群もこの系列と同様のスタイルに改造されました。大宮の鉄道博物館に保存されているナデ6110も、同様の改造を受けているため、デハ6310系列のスタイルは大宮で今でも見ることができます。

デハ6310
 基幹系列となる、中央、山手線用の三等電動制御車です。両運転台車であり、大正4,6,7,8年度に54両が量産されました。当初はトロリーポールによる集電でしたが、途中からパンタグラフに切り替えられています。大正14年の、50(PS)電動車の使用停止により、全車がサハ6410に編入されました。

サハ6410
 同じく中央、山手線用の付随車です。この頃、第1次世界大戦が勃発し、電装品の輸入が途絶。当時、日本は電装品の供給を欧州からの輸入に頼っていたため、付随車として落成しました。大正4年度に2両が製造されています。

デハ6380
 中央、山手線用の三等電動制御車です。大正5年新宿電車庫で火災が発生。配属されていた電車20両が焼失しました。しかし、当時電装品は国産化されておらず、輸入に頼った貴重品でした。そこで、焼け残った電装品と新造車体を組み合わせて本形式が製造されました。車体こそデハ6310と同様でしたが、下回りは完全に焼失車の流用だったため、電動機、制御器、ブレーキ方式も雑多でしたが、前述の標準化改造で下回りも統一されました。大正14年の、50(PS)電動車の使用停止により、全車がサハ6410に編入されました。

クハ6430
 中央、山手線用の三等制御付随車です。デハ6310を片運転台の制御車に改造して誕生しました。大正14年の、50(PS)電動車の使用停止により、全車がサハ6410に編入されました。


デハ6310系列の一族

また、サハ6410は昭和2年の改称により、サハ6と19に編入されました。サハ6形とサハ19形に分かれた理由は制御電圧の差異であり、サハ6形はモハ1形との連結用の600V、サハ19形はそれ以外の電動車との連結用の100Vでした。
サハ6に関しては、モハ1の引退に伴い、廃車や改造などの処分を受けました。一部はサハ19に改造、一部は貨車(ワ50000、ワフ20000)に改造されて消滅しました。
またサハ19は救援車や事業用車、配給車、あるいは気動車(キクハ16800)にも改造された他、私鉄(青梅電気鉄道、富士山麓鉄道、鶴見臨港鉄道)にも譲渡されました。しかし、サハ19は戦時中の資材不足も手伝って大方は戦後まで生き残りました。