今回は、前回の条件に沿って、ボディマウント式かつKATOカプラーと併結可能なものを作ります。

まずは材料を。
・GM製 8581 気動車用胴受け(黒・4個入り)
・KATO Z05-1376 ナハフ11 かもめ ナックルカプラー
・1mmプラ角棒

1)まず気動車用胴受けの取り付け用の突起を削ります。
そして、写真を参考に1mm角棒を3本、スペーサーとして接着。全体を黒塗装します。
IMGP0508

2)かもめナックルに付属するピンの太さに合わせて、胴受けに穴(0.8mm目安)をあけます。(写真の赤丸部)
IMGP0511

3) かもめナックルのピンの部分(写真黄丸部)をピン以外を残して切除します。(写真赤線)
そして胴受けの穴をあけた部分に床と接しない側から差し込み、接着します。
IMGP0510

4)かもめナックルの本体を組み立て、根元の左右の突起を削り取ります。そして2つの部品を接着して動かなくします。

5) 3)で固定したピンに、4)で組み立てたナックルを合わせます。(写真参考)連結器後部の隙間には、ティッシュなどの適当な緩衝材を挟むといいでしょう。
IMGP0512

6)床板に取り付けます。接着は瞬間接着剤で。
IMGP0513

完成です。