コリン堂工作ブログ

模型工作について延々と書いています。最近は木造電車や70系客車を主に作っています。 shop https://kowrinmaki.handcrafted.jp/

今回から、付随車を作ってゆきます。
機械から取り出した状態です。各々1両分両分の部品が写っています。
サハは2形態です。デハよりかは少な目。
IMGP1534
IMGP1535
上から順に、標準型、サハ43550改造型です。以下、写真は基本的にこの順です。

まず最下層と屋根になる部品を除いたもののだけ切り抜いて、残りは切り抜かないまま裏面にスプレーのりを噴霧します。次に部品のランナーを切って切り出した部品を積層します。これを側面、妻面、前面で行い、4枚の板にします。
IMGP1538
IMGP1539



その後、GMの板キットのように側面と妻面、側面と顔面を直角にボンドで接着。L字型に接着した後にロの字型に組み上げます。
IMGP1541

次に、これをサーフェイサーで下地処理した後にぶどう色1号で塗装します。
汚れのつかない場所で乾燥させておきます。



今回は床下です。
トレーラー車の床下は

と同様に。

動力車は


と同様に。

デハ63100は実車もデハ43200から足回りをほぼ流用しており、同じであると考えられるので同じように作ります。

今回は屋根上の諸々と等級帯を作ってゆきます。
 前回、ブドウ色一色の車体と灰色一色の屋根まで作りました。
 まずはパンタ台座の制作。付属の2mmの帯材を12mmに切断。(パンタの機数*2)本準備します。そして、濃灰色で塗装。ついでに付属のトラス棒も墨汁で黒塗装しておきます。さらに、車体の梁も作ります。端材のボール紙を、(車体幅)*(2mm)に切断。墨汁で塗っておきます。さらに、ハーフガーランドベンチレーターを必要数準備。塗装しておきます。

 まずはベンチレーターを
IMGP1576IMGP1577
IMGP1578
上から標準型、デハ43200改造型、デハユニ43850改造型です。初期型は写真を撮り忘れた、、、

次にパンタ台を接着します。まずは車体端に近いほうの一本を接着し、その後にパンタの足のスパンに合わせて現物合わせで2本目を接着します。そしてパンタグラフを接着。こんな感じに(写真はデハユニ改造型)
IMGP1579

次に等級帯を貼り付けます。この系列は全室三等車なので赤帯だけ
IMGP1933
IMGP1932IMGP1934
IMGP1935
上から順に、初期型、標準型、デハ43200改造型、デハユニ43850改造型です。
あとは屋根上のパイピングをすませばほぼ完成。

最後に、車体の下部にたわみ予防の梁を取り付けます。トラス棒もついでに。
IMGP0592
上半分は完成です。

↑このページのトップヘ