コリン堂工作ブログ

模型工作について延々と書いています。最近は木造電車や70系客車を主に作っています。 shop https://kowrinmaki.handcrafted.jp/

今回は床下です。
トレーラー車の床下は

と同様に。

サハの床下は本当に床下機器自体がほとんどないので形式差が作りづらいんですよ、、、

今回は屋根上の諸々と等級帯を作ってゆきます。
 前回、ブドウ色一色の車体と灰色一色の屋根まで作りました。
 まずはトラス棒も墨汁で黒塗装しておきます。さらに、車体の梁も作ります。端材のボール紙を、(車体幅)*(2mm)に切断。墨汁で塗っておきます。さらに、ハーフガーランドベンチレーターを必要数準備。塗装しておきます。

 まずはベンチレーターを
IMGP1574
上から見るとあまり区別つきませんね

サハはパンタもなく当時はクーラーや高圧引き通し線などもあるわけがないので屋根上には何もありませんね。きわめてスッキリ。

次に等級帯を貼り付けます。この系列は全室三等車なので赤帯だけ


最後に、車体の下部にたわみ予防の梁を取り付けます。トラス棒もついでに。
IMGP0592
上半分は完成です。

車体を乾燥させている間に屋根を作ります。切り出された屋根のうち、ダブルルーフの上部を折り曲げて箱型にします。
下部には車体のカーブに合わせて曲げ癖をつけます。
屋根下層と屋根上層の内側に墨汁を塗ります。これは遮光と補強を兼ねています。
assembleRoof


次に屋根と車体を接着。まずはダブルルーフの下層を車体と接着。車体の断面に接着剤をのせて、下層部を接着。
ある程度接着剤が乾いたら、箱型に組んだ上部を下層部のモールドに合わせるようにして接着します。そして、マスキングテープで仮止め。ここは接着剤の乾きとの勝負なので性格、かつ手早く。
IMGP1543

この状態でしばらく置いて乾燥させます。これを4両分やります。各車、ダブルルーフ上部のモニター窓の配置も各車異なり、左右対称でもないので気を付けます。

マスキングテープで仮止めし、乾いたら絵の具で灰色に塗装します。

↑このページのトップヘ